恋愛の未来を知る

奉納されたおみくじ

占いの種類は多種多様です

一言で占いと言っても、その世界は奥が深いものです。占い自体の種類や手法も様々、占う対象も様々です。 人気の占いの代表はやはり星占いでしょう。星占いと言うと簡単で庶民的なイメージがあります。でも、正式には占星術と言う学問です。長い歴史がありその道を極めるのは相当な勉強とセンスが必要です。他にも手相占いや姓名判断などがあります。どれも長年の統計データに基づく、信憑性高いものも多くあります。 占う対象の一番人気は、もちろん恋愛について占う恋占いです。年齢、性別問わず万人の関心事ですね。 価格は無料のものから、時間で幾らと決まっている場合もあります。また、一つの相談ごとに価格が設定されているケースも多いです。 恋占いの中でも、テーマは色々です。出会いの時期や相性、片想い成就や結婚などが多いテーマです。最近では、恋占い専門の無料電話占いなども注目を集めています。インターネットでも、占いたい内容を入力して結果がすぐ見れる恋占いは手軽で人気があります。

日本にも古代からの伝統的な占いがあります

占いの発祥地はほとんどが日本ではありません。インドや中国などから派生して、長い歴史を経て日本へ伝わったものもあります。占星術や風水などがその代表です。中には、途中から日本独自の解釈が加わってオリジナリティのあるものもあります。 実は、占いの中でも「おみくじ」は日本の伝統的な占いです。古代では、政治を先導する意味や頭首の後継者を選ぶなどに使われていました。元々は、神からの進言を聞くための手段としてくじを引いたと言われています。 個人的な内容を占うように変化したのは鎌倉時代以降からです。全体の吉凶以外に健康や恋占いの項目も加わりました。こう見てみると、恋占いも日本の伝統的な占いの一項目にあった訳です。 古代では国の進退に関わることを占ったおみくじは、次第に庶民のものへと変化しました。時代も移り江戸の頃は、子供用のおみくじ入りのお菓子が登場しました。 恋占いも、歴史を遡ってみると興味深い道のりを発見することが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加